幼児向け手作りお菓子はこれで決まり!注意点と簡単メニューを紹介!



この記事の所要時間: 67

お子さんと一緒に手作りお菓子!ママたちの憧れの休日の過ごし方ですよね。手作りお菓子は、ママが自分で材料を選ぶところから始められるので何が入っているかきちんと把握できる安心感があります。おやつを食べている時にうちの子は、ここにチョコが乗ってるほうが好きだな…なんて思った事はありませんか?手作りなら子供の好みに合わせてカスタマイズできるのが嬉しいですね。

手先を使って楽しめるので感性を育め、お菓子作りを通してお子さんの意外な発想が見えてくるかもしれません。

でも今までお菓子なんか作ったことない…というママももちろんいると思います。

ここでは手作りお菓子のすすめと、実は初心者にも幼児にも簡単で材料はスーパーでそろっちゃうお菓子もあるんだよ。という例を紹介していきたいと思います。こんなに簡単なの?と驚いちゃうかもしれませんね。ぜひ気軽にお子さんと挑戦してみてください!

 

手作りお菓子作りのススメ

市販のお菓子は美味しいけれど、ちょっと添加物が気になるな…と思っているママに手作りお菓子はとってもオススメ。なにしろ自分で材料から選ぶ事で、入っているものが全てわかる!というのはお菓子を食べ始める月齢、年齢のお子さんをお持ちのママにとってすごく嬉しいことですよね。

離乳食が後期になってくると、自分の子供のアレルギーの有無などがわかり食の幅も広がっていきます。その中でお菓子ってすごく重要な課題だと思います。

私自身、子供が成長していくにつれアレルギーもないしベビーフードコーナーに売っているお菓子だけっていうのはもう味気ないなあ…でもスーパーのお菓子はまだ不安だな…と思っていました。なので、子供が離乳食後期になったくらいから自宅で簡単なお菓子を作ってきたのですが、子供本人が食べるものを作る過程を見ることで楽しそうにしているので親子ともどもいい事しかないなという印象です。

二歳、三歳と大きくなってきたら、だんだん子供たちも手先が器用になってきます。パパの誕生日や父の日に内緒でお子さんと手作りお菓子を作ってサプライズでプレゼントしてはどうでしょう!

 

材料の選び方のポイント

特にこのメーカーのものでなければいけない!というわけでなく、なるべく身近で手に入りやすい安心な素材を使うことで、ママの普段のお料理を作る際の意識もちょっと変わるのではないでしょうか。

そんな日常にもいかせるポイントをいくつか紹介します。

・牛乳を使うレシピなら同量のスキムミルクに代えてみるのはどうでしょう?スキムミルクはいわゆる脱脂粉乳ですが、牛乳から脂質を抜き取って粉末にしてあるので普通の牛乳よりもヘルシーです。カルシウムが牛乳より多く含まれているので、育ち盛りのお子さんにもぴったり!

・お砂糖にも気を使ってみましょう。普段のお料理に使うことが多い真っ白な上白糖はしっかり精製されているので、その分身体への吸収が早く消耗も早いのでカロリーが高いわりに腹持ちがあまりよくないのです。

その点、精製されていないきび砂糖や砂糖大根から作られているてんさい糖はミネラルが豊富で吸収もゆっくり。しっかりした腹持ちが期待できます。

また上白糖に比べるとまろやかなコクがあり優しい風味になります。

・三温糖は茶色いので精製されていないと間違いがちですが、精製した後の砂糖の残りを何度も煮詰めて作っているから茶色いんです。成分は上白糖と一緒です。勘違いしやすいので注意しましょう!

・ベーキングパウダーにも注意!ベーキングパウダーにはアルミが入っているものが多く、腎臓やアルツハイマーなどへの影響が気になります。大人がお菓子に入っている量のアルミをとったところであまり影響はないかもしれませんが、小さなお子さんが食べるとなるとちょっと気になりますね。

今はアルミフリーのベーキングパウダーがスーパーやネット通販で手軽に手に入ります。アルミの影響が心配なママはアルミフリーを使ってみるのもいいでしょう。

・小麦粉には国産、外国産があり外国産のものは農薬がふんだんに使われて育っているものもあるのでお子さんには国産の無農薬を選んであげると安心ですね。

国産の小麦は水分量が多く精製もていねいにされているものが多いので、お菓子の仕上がりもしっとりリッチな風合いになりますよ。

以上のポイントを押さえて材料が揃ったら、まず簡単なお菓子のレシピでお子さんと楽しいお菓子作りをはじめてみましょう!

 

まずはお手軽にクッキーから!

手作りのお菓子と聞いてまず思いつくのはクッキーですよね。お子さんも食べやすく、大人も大好きなクッキー。ココアを混ぜ込む事で簡単に色も変えられるし、様々な色のチョコペンなどを使って楽しくデコレーションすることで創造性も育まれます。

クッキー生地に楊枝やスプーン、フォークを使っていろんな顔にすることで表情豊かなおやつになります。チョコレートを溶かしておいて焼いたクッキーにちょっとつけて、髪の毛にするなんてアイデアも楽しいですね。

簡単な材料でいろんな顔をしたクッキーならただ焼いたクッキーより、お子さんもひとつひとつにストーリーを感じられて盛り上がれそうですね!

 

ホットケーキミックスを使ってみる

それでもやっぱりクッキーはハードルが高いなあ…小麦粉から自分で作るのなんてうまくいかなさそう…と自信がないママに強い味方なのがホットケーキミックス!

もともと美味しい味付け、正しい配分の材料がホットケーキミックスひとつに入っているのでちょっとしたアレンジでいろんな手作りお菓子に変身してくれます。

手作りに自信がない方もこれならトライしやすいと思います。まずはお子さんとこねこねくるくる…指先を使って楽しみながら作れるたまごボーロはどうでしょう!

お菓子作りが苦手なママもホットケーキミックスを使った簡単なお菓子なら、気軽に作る事ができるのでオススメですよ!

 

まとめ

手作りお菓子のちょっとしたポイントやレシピを紹介してみましたが、お子さんと作る時はやっぱりお部屋が汚れるのも気になりますよね。

でも、ちょっと視点を変えてみて子供が作るんだから汚れて当たり前!あとで掃除をすればいいんだ!と開き直って新聞紙やビニールシートを敷くなど最低限の防御はしつつ思いっきり楽しんでみましょう!

火傷や怪我にさえ注意すれば、あとは掃除するだけ!

  1. 安心できる材料を選ぶ
  2. 顔も作れる手軽なクッキーからトライしてみる
  3. お菓子作り初心者にはホットケーキミックスがオススメ

以上のポイントを押さえつつ、大人も「こんなふうにお菓子ってできてるんだ!」と理解することでさらにお菓子作りに興味が出てくるかもしれません。お子さんと一緒にかわいいレシピを検索するなど家族みんなで楽しめる趣味になっていくといいですね

料理に不慣れなパパも不格好でも愛情とユーモアのあるクッキーを作ってみたら、お子さんの笑顔に触れて案外ハマってしまうかも?

投稿者プロフィール

ふじもとつるり
ふじもとつるり
服飾科で裁縫の基本とデザインについて学び、卒業後は創作小物の製作・販売を経て一児の母になりました。今はライターとして、仕事と子育ての両立に日々奮闘しています! 趣味は手芸と製菓。それらの経験をいかした、子育て中ならではの目線の記事をみなさんにお届けできるように頑張りたいと思います。
ブログランキング参加中!!クリックで応援頂ければ幸いです!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です