肌に優しいコスメは必ずしも無添加ではなかった!私が知った事実とは?




この記事の所要時間: 845

無添加コスメは肌に優しいというイメージがありますよね。

私も、肌に優しくてトラブルを招かないコスメだから安心だと思っていました。

しかし、ある時に無添加コスメの定義や、絶対に安全とは言えないということを耳にしました。

それはもう驚きです。でも、よく考えると確かにそうかもしれない…そう感じました。

そこで、無添加コスメはどのような物なのか?なぜ肌にいいと言われているかをじっくりと調べることにしました。

そうすると無添加コスメに対するイメージが崩れ、必ずしも肌に優しいとは限らないということが分かったのです。

だから、無添加コスメの使用有無にかかわらず、肌トラブルを起こすときは起こすと確認することができました。もちろん、肌に穏やかで優秀な無添加コスメもありますよ。

この記事では美容部員時代には知らなかった、無添加コスメの本当の姿を紹介していきたいと思います。

無添加コスメとは

旧表示指定成分や添加物が配合されていないものを無添加コスメと呼ばれています。

現在は医薬部外品を除くコスメには全成分表示が義務づけられていますが、それまでは人によって肌荒れを起こす特定の成分を必ず記載しなければならないという義務がありました。

それを表示指定成分といわれ(現在は旧表示指定成分)102種類ほどあり、配合されていないものを無添加と呼ばれていました。

医薬部外品とは厚生労働省が許可されて成分が一定の濃度配合されたコスメのことを言います。商品名に薬用○○と記載されているものは医薬部外品のことです。

 

現在では旧表示指定分の無配合と、合成界面活性剤、防腐剤、鉱物油、合成香料、合成着色料などの添加物が含まれていない物を無添加コスメと呼ばれています。

難しい言葉が多いですよね…。要するに肌に悪影響を与えてしまう特定の成分が配合されていないものが無添加と呼ばれます。

この内容を目にすると無添加コスメはとても肌に優しくて安全な物と思ってしまいますよね。

メーカーによって無添加コスメの定義が違った

添加物が一切配合されていないものを無添加と呼ぶメーカーもあれば、添加物が1種類でも配合されていないものを無添加コスメと呼んでいるメーカーもあるのです。

添加物が1種類入っていないだけでも無添加と呼ぶのは違法ではないかと思ってしまいますよね。しかし、現在の日本では無添加コスメの定義はないのです。メーカーそれぞれが定義を決め、無添加コスメを作っています。

このことを知ったときはとてもショックでした。添加物が1種類のみ無配合で無添加化粧品と堂々と記載していても、成分に詳しくないと気づかず、肌に優しそうと思って購入してしまいます。無添加の意味も分からない場合はなおさら…。

もちろん良心的なメーカーは添加物がほとんど配合されていないものを無添加と呼びます。無添加で有名なコスメブランドはほとんど配合されていないものが多いですが、それ以外は見分けづらいですよね。

オーガニックコスメとの違い

無添加はオーガニックではありません。

無添加コスメは添加物の配合はしていませんが、中には合成成分が配合されているものがあります。

オーガニックコスメは天然成分のみを使用しています。しかし無添加コスメと同様、日本ではオーガニックコスメの定義はなく、1種類のみの配合でも呼ぶことができてしまいます。

さらに、天然成分は刺激のあるものもあるので注意が必要です。

例えばレモンやグレープフルーツなどには光毒性があり、紫外線に当たると肌に刺激を与えてしまうことも…。

同じものと思っていましたが、実は別物で無添加コスメもオーガニックコスメも定義がないと知りさらにショックでした。

無添加コスメを使うことによるメリット

肌に優しい

肌トラブルの原因となる添加物が配合されていないわけですから、トラブルを引き起こしにくくし安心して使用ができます。

自分の肌に悪影響を及ぼす添加物を使用して、その成分が肌に蓄積され肌荒れを起こしてしまったということがなくなります。

よく、新しいコスメを1週間使用したところ、肌荒れしたということがよくあります。もしかしたら、添加物の何かが肌に合わなかったのかもしれません。

 

肌本来の力できれいな肌を作る

コスメの力を借りてきれいな肌にすることも良いのですが、もともと持っている肌の力は衰えたままかもしれません。それに対して無添加コスメは肌の状態を整え、肌本来の力でトラブルを回避し、きれいな肌に導けることができます。

もともと持っている力を取り戻すことができるのは嬉しいことですね。

必ずしも無添加◎添加物×ではなかった

肌荒れを起こすことがある

無添加コスメでも肌トラブルを起こします。

実際、私はほとんど添加物が配合されていなく、「敏感肌の方でも安心して使えます。」というコスメでも肌トラブルを招きます。反対に、無添加コスメではない普通の化粧品では荒れることは少ないのです。

このように、無添加コスメは人によっては肌荒れを起こしたりしてしまうのです。

無添加コスメを使って肌トラブルを起こしたときには期待が大きい分、ショックが大きいです…。

原因としては、添加物以外の成分が肌に合わなかったことと、無添加だからこそ肌荒れを起こしてしまったこと事が挙げられます。

無添加だからこそ?と思いますよね。

例えば防腐剤が無添加のコスメがあります。防腐剤とはコスメが腐らないようにする成分のこと。主にパラベンやフェノキシエタノールが配合されています。特にパラベンって嫌われている成分ですよね…。

防腐剤が含まれていないとコスメの劣化も早くなります。劣化すると肌トラブルを招いてしまう原因となるのです。添加物といっても肌に悪影響を及ばさないように、配合量に決まりがあるので、添加物にアレルギーがあるといった方でない限り、無添加コスメは絶対に安全!添加物は敵!と位置付けないほうが良いかと思います。

 

肌悩みに働きかける成分も含まれていた

肌にトラブルを招く旧表示指定成分は、肌悩みを持つ方には嬉しい成分も含まれています。

例えば、某有名ニキビケアコスメに配合されているサリチル酸は旧表示指定成分です。

しかし、この成分は殺菌するのに優れた能力を持っていて、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を防いでくれるはたらきがあります。

ニキビ肌の方には嬉しい成分ですよね。この成分のおかげで改善につながった方もいらっしゃるかと思います。

このように旧表示指定成分は肌トラブルを招いてしまうことがある方と、悩みの改善につながった方がいらっしゃるので必ずしも悪い成分ではないのです。

無添加コスメブランド

この流れだと、無添加コスメにしても意味がないと思われてしまいますが、無添加でも添加物以外の成分も穏やかで肌トラブルを招きにくく、悩みに働きかけてくれるコスメがあります。

その中でも評判のいい3つのコスメブランドがありますのでご参考ください。

FANCEL


無添加コスメで調べると必ず上位に上がるFANCEL。クレンジングも有名ですよね。添加物を一切配合していない本物の無添加コスメです。

その中でも人気の高い「アクティブコンディショニング EX(化粧液・乳液)」がおすすめ。

肌の決め手は肌の水分を保持しバリア機能のはたらきがある角層に、ファンケル独自のセラミドで、角層を整え肌本来の美しさに導きます。セラミドとは、角層にある水分が蒸発しないように抱えこむはたらきをし、肌のうるおいを保つ成分のことです。

コラーゲンも配合で、ハリやうるおいのある肌へと導きます。

 

商品が紹介されていますのでご参考に。

Arouge

ドラッグストアへ行くとよく見かけます。ほとんどの添加物が配合されていません。

その中でも「モイスチャーミストローションⅡ(しっとり)」がおすすめ。

ミストタイプなのでムラなく塗布ができ、浸透がとても良い化粧水。

天然セラミド配合でうるおいを長時間キープしてくれます。

メイクの上からも使えることができ携帯用に便利です。

ミストだとスキンケア時も簡単にでき、日中のうるおいもできるのでありがたいですね。

 

ETVOS

(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット

ミネラルファンデーションが有名なブランド。こちらのスキンケアも添加物がほとんど含まれていません。

スキンケアで人気の高い「セラミドスキンケア モイスチャライジングセラム」がおすすめです。

1本で美容液と乳液の効果が味わえて、満足感が得られる保湿美容液。うるおい成分のヒト型セラミド配合でキメを整えうるおいのある肌は導きます。

美容液で乳液の効果も得られるなんて嬉しいですね。

まとめ

  1. 無添加コスメとは肌トラブルの原因となる旧表示指定成分や、添加物が配合されていないこと
  2. 無添加コスメの定義はなかった。添加物が1種類でも配合されていないと無添加と呼ぶことができる
  3. 無添加コスメとオーガニックコスメは別物ですが、どちらも定義がない。
  4. 無添加コスメでも肌トラブルを招く。旧表示指定成分でも人によってはうれしい成分がある
  5. その中でもおすすめしたい無添加コスメブランドはコレ!

 

私はこちらを知ることで、無添加コスメの良いところを参考にしつつ、コスメを選ぶようになりました。

自分にとっていいコスメは、悩みに合った成分が配合されているものを選ぶと良いことを知れて、今では最適なコスメと出会うことができるようになりました。

最適なコスメに出会えると肌の調子が良いので嬉しいです。

【無添加=絶対に安全】といった概念を乗り越え、あなたに最適なコスメを選びましょう。

 

投稿者プロフィール

hikari
hikari

長女、長男の子育て中、30代の母です。 出産まで美容部員として培ったスキルや、出産後でも育児の傍ら勉強しコスメニストの資格を得るくらい美容が好きです。さらに私はアレルギー肌なので、敏感肌の方にも安心して使えるものを紹介していきたいと思っています。 主婦としても一人暮らしの経験を活かしつつ毎日奮闘中。 家事が苦手な方でも実践できる方法をお伝えできるように努めてまいります。


ブログランキング参加中!!クリックで応援頂ければ幸いです!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です