元美容部員のおすすめ30代スキンケアとコスメとは?大人の女性を目指す




この記事の所要時間: 159

30代を迎えてから、肌悩みが突然増えたということがありませんか?又は30歳を過ぎても20代のメイクのままでいませんか?

私も30代に入って数年たちますが、さまざまなトラブルを抱え込み、鏡を見てはショックを受けていました。メイクも30歳を迎えてしばらくはアイメイク命で、バッチリメイクをしていました。

しかし、コスメを見直すことで徐々にトラブルが改善され、美肌への第一歩を踏めるようになり、メイクも等身大の自分でいるためにバッチリアイメイクを止めて、あることを重視ようになりました。

美肌に近づき、大人のメイクに近づけると鏡を見ることが楽しくてワクワクしてしまいます。

そこで、私が今までの経験で得た30代の肌状態と、美肌になるポイント、おすすめのメイクアップをご紹介いたします。

30代の肌状態とは

30代に入ると20代では感じなかったトラブルの影響が現れる方も多いのではないでしょうか。

肌のたるみや毛穴

紫外線の影響や年齢を重ねるごとに、肌にハリを与える真皮内のコラーゲンが劣化や減少し、肌を支えきれなくなりたるみが起きてしまいます。

たるむと毛穴がタテ状に開き目立つことも。

頬にできる毛穴でたるみ毛穴とも呼ばれています。

さらにたるみが進むとシワの原因にもなります。

たるむとことで毛穴が目立ってしまうなんてショックですよね。

シミ

蓄積された紫外線の影響や肌の生まれ変わりが遅くなることで、シミの原因のメラニンを排出する速度が遅くなるので、シミが目立ってきてしまいます。

くすみ

肌の生まれ変わりの乱れやすく、水分が減少しやすくなります。

そのため乾燥、血行不良などにより肌がくすんでしまうことも。

肌がくすむと年齢以上に見られやすくなり元気のない印象になってしまいます。

シミとくすみはできると老け込んだ印象になるのは残念ですし、できればなくしたいですよね。

30代が選ぶコスメの基本

保湿ケアは絶対

30代になると肌の水分が減少するので乾燥しやすくなります。

乾燥すると肌のバリア機能が低下して、さまざまなトラブルを引き起こす原因となるので、必ず保湿ケアができるコスメを選びましょう。

セラミド、ヒアルロン酸など保湿成分が配合されたものを選ぶことがおすすめです。

乾燥は最大の敵ということですね。

悩みに合わせたものを選ぶ

今の肌悩みに合った成分が配合されたものを選びましょう。

たるみや毛穴でしたらハリを与えてくれるもの、シミだとメラニンの生成を抑えてくれるもの、くすみだと肌の生まれ変わりの促進や、古い角質を取り除くものなどが良いとされています。

何が悩みか分からないときは、コスメカウンターでカウセリングを受けてみるのもいいですよ。

私も周りの意見も聞きたいので、コスメカウンターへ行く時があります。

丁寧に教えていただけるので悩みの解決になるヒントが得られるかもしれません。

続けられやすいものを選ぶ

高額な商品が気に入っても続けられなかったり、もったいないからと少しずつ使うのだと、効果がうすれたり、せっかく効き始めたのに止めてしまうともったいないですよね。

しかも高額な商品は、必ずしも効果が出て良いものであるというわけではないのです。

続けることによって効果が得られるので、自分が続けられそうな範囲のコスメを選びましょう。

無理に続けるよりも安心して続けられるほうが肌にも心にも嬉しいですね。

30代からのおすすめスキンケア

SK


数多くあるアイテムの中でもフェイシャル トリートメント エッセンスがおすすめ。

長年愛され続けている化粧水です。

ほとんどがピテラでできており、その他にも美容液成分が贅沢に配合されています。

ピテラは肌の本来のはたらきを強化し、バリア機能を高め、紫外線などのダメージを防ぐことでうるおいや乾燥による小じわを目立たなくさせます。

試したとき成分臭がしますが、1回だけでももっちりうるおい肌になって驚きました。

SKⅡのCM。桃井かおりさん肌がとてもきれい!年齢を重ねてもずっと美肌でいたいですよね。

アスタリフト ホワイト



美白ケアとハリケアをしてくれるシリーズ。

「ナノAMA+」で肌をみずみずしくさせくすみのない透明感のある肌へ。

「ナノAMA+」とは、美白有用成分であるAMAをナノ化し肌に浸透をよくさせ、うるおい成分であるフェルラ酸を組み合わせた独自成分のことです。

美白化粧品はさっぱりとしたものが多いですが、しっとりとしているので30代肌にピッタリですね。

ファンケル 無添加アクティブコンディショニングEX



無添加化粧品で有名です。

ファンケル独自成分「アクティブセラミド」、「適応型コラーゲン」の配合で肌自ら美しさを求め、うるおいのあるハリ肌へ導きます。

人間の肌と同じ弱酸性で作られており、製造年月日まで記載されているとさらに安心できます。

続けられやすい価格でしかも肌に優しいところが魅力的ですね。

オルビス オルビス=U




オルビスはオイルフリー化粧品として有名です。

30代からのエイジングケアシリーズ。

それぞれの肌悩みに合わせてはたらきかけるHSP(ヒートショックプロテイン)が配合。

乾燥によるくすみを目立たなくし透明感を与え、ハリのあるうるおいはだへ導きます。

オイルフリーですが保湿力が高かく、手に肌が吸い付くような仕上がりになり満足感を得ます。

 

私のおすすめはアスタリフト ホワイト

SKⅡと迷いました。ピテラが90%も配合されているので成分は断然こちらが良いと思います。

しかし、高価で続けるのには難しいかな…。と思いアスタリフトホワイトをおすすめさせていただきます。もちろんお金の余裕がある方はSKⅡがいいと思います。

子育て中の方は子供にお金がかかってくるので、どうしても自分だけにお金をかけられないのです。

プチプラでもいい商品がたくさんありますが、保湿もありシミとハリを同時にケアしてくれるスキンケアは、コレだけ使用すればよいのですから大変助かりますよね。

他に悩みに合った美容液などをプラスする必要がなくなります。

そして、ライン使いが最もそのスキンケアの働きを良くしてくれますが、単品から始めても効果を得ることができるので、徐々に30代に合ったスキンケアへ変更してみてはいかがでしょうか。

30代のメイクはナチュラル志向にする

30代からのメイクは、ナチュラルな仕上がりを目指しましょう。

30歳を迎えても20代の時のようなばっちりアイメイクや人形のようなチークの入れ方を

していませんか?

30代はもう大人の女性。今まで行ってきたメイクを続けていると違和感のある顔になってしまいますし、古臭さが出てしまいます。

さらに上記であげたような肌トラブルを起こしてしまうので、カバーをして目立たなくさせることも大切となります。

きれいなお姉さんと思われるような、30代にふさわしいメイクの方法があるのでポイントをおさえてくださいね。

下地

まずはスキンケアで悩みを改善することが大切です。それでも目立ってしまう悩みには下地を使用しカバーしましょう。

まずは保湿力のあるものを選びます。うるおいを与えることによって日中、肌が乾燥しにくくなるので乾燥によるくすみや小じわ、ファンデーションが浮くということが起こらなくなります。

その次に、紫外線対策ができるものを使用すること。日焼けをしてしまうと元の肌色に戻りづらくなりますし、30代の肌悩みの原因であるシワ、シミ、くすみが目立ってくるので、季節問わず日焼け止め入りのものを使用します。

下地はメイクの中でも重要アイテムですので、お肌に合った物を使用してくださいね。

塗布するときに首まで伸ばすと、顔と首の色の差が軽減できるのでおすすめです。

ファンデーション

ファンデーションは、うるおいを持続させてくれるリキッドタイプやクリームタイプがおすすめです。

使用するときは少量を塗布し、清潔なパフやブラシで仕上げましょう。このとき内側から外側に向かって薄くなるようにグラデーションをいれると、首との境目が自然に仕上がります。

コンシーラー

コンシーラーは必須アイテムではありません。シミやクマなどカバーしたいところがある場合に使用しましょう。

目の周りなど動くところにはリキッドタイプを。動かない部分には固形タイプのコンシーラーの使用をおすすめします。

色味は悩みに対して帰るといいですね。例えばシミには少し濃い目の肌色を、青クマにはオレンジを選ぶと良いでしょう。

フェースパウダー

フェースパウダーは必ずパフに取ったらもみこみます。

塗布後、使用していない大きめのブラシなどで余分な粉を落とします。

こちらを行うだけで白っぽさが目立たなくなり、ツヤ感がアップするので嬉しいですよね。

アイブロウ

髪の毛の色よりもやや明るめに仕上げると、自然な眉毛に仕上がります。

眉山と眉尻の位置を決め、パウダーをブラシにとり描きます。次に眉頭の位置を決め、眉山から眉尻に向かって描きます。このときにすべて同じ濃さで描いてしまうとのっぺりした印象となるので、眉頭から眉山に向かった濃く描いていくと良いでしょう。

太さは自眉毛を生かしたやや太めのナチュラルな仕上がりがおすすめです。

アイメイク

上品な目元に仕上げるメイクをします。

アイシャドウは明るいベージュなどを使用し、ブラシや手でアイホール全体に伸ばします。

アイホールとは目元から上まぶたがくぼんだ部分までのことを指します。

アイライナーや濃いアイシャドウでまつ毛とまつ毛の間を埋め込みます。このときに綿棒でアイライナーをぼかすと自然な仕上がりとなります。

まつ毛はアイラッシュカーラーで上向きにカールさせ、程よい長さを与えセパレートができるマスカラを使用すると良いですよ。

チーク

チークで血色感を出します。くすみがちで肌が暗くなりがちな30代の肌には、チークを使用することにより元気な肌に仕上げることができます。

肌の色となじみやすい色を選び、太めのブラシを使用しナチュラルに仕上げます。

リップ

血色感のあるものや、うるおい力のあるリップを使用しましょう。

同系色のリップライナーで唇の輪郭を作り、リップをなじませます。

一番メイクが落ちやすい場所なので、こまめに直すこと、落ちにくいタイプを使用してもいいですね。

30代のおすすめメイクアイテム

下地

アスタリフトホワイト パーフェクトUVソリューション

いつの間にか日焼けを防ぎながら、トーンアップした肌にする化粧下地です。

サラッとした使い心地ですが、うるおいのある肌に仕上げます。

伸びが良くて使い心地が良いですよ。肌をきれいに見せてくれますし、しっとりとしているところが魅力的です。

SPF50PA++++と紫外線対策にも優れているので愛用したい1品です。

ファンデーション

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

美容成分が62%も配合されていてシミ、シワ、毛穴をしっかりカバーしてくれるファンデーション。しっかりと悩みをカバーするのにナチュラルな仕上がりとなるところがいいですね。化粧崩れもしにくく、透明感のある肌に仕上げるところも高ポイントです。

コンシーラー

キャンメイク カラースティック モイストラスティングカバ

プチプラで大人気のキャンメイクのスティックタイプのコンシーラーです。

肌に密着し、高いカバー力があるので少量でもしっかりと悩みを目立たなくさせます。

保湿をしてくれるところもいいですね。色味も6色あるので悩み別に選べます。

NARS ラディアントクリーミーコンシーラー


クリームタイプのコンシーラーです。色味も5色あるので悩み別に選ぶことができます。

うるおいのある肌にしつつ、高いカバー力で悩みをしっかりと隠します。

保湿もできてカバーもできるなんて嬉しいですよね。

伸びが良く、長時間崩れにくいのできれいな肌をキープします。

フェースパウダー

エレガンス ラプードル オートニュアンス


プレストタイプのフェースパウダーです。シルクのような肌触りの良い肌に仕上げてくれます。かわいらしい色の配色が特徴ですね。ファンデーションの特徴を生かしながら、透明感を与えキメが整った明るい肌に仕上げます。

アイブロウ

ケイト デザイニングアイブロウN

パウダータイプのアイブロウです。ブラシ付きなところもいいですね。

2色のアイブロウを使用することで立体グラデーション眉毛に仕上げてくれ、ノーズシャドウも使用することでホリの深い美しい目元に仕上げることができます。

ケイト 3Dアイブロウカラー


黒い眉毛を立体カラーリングし、明るく仕上げます。

髪の毛の色や少し明るめの色を選ぶことをおすすめします。

きれいに塗布ができて落ちにくいところが魅力的です。

アイメイク

コスメデコルテAQMW アイグロウジェム

1色で立体的な目元を作るアイシャドウです。重ねてもムラにならず、重ねるほどグラデーションのある目元に仕上げます。

ツヤやうるおい感があり、肌とも密着力が高いためヨレにくくなっています。

1色でグラデーションができるのは使用しやすいですよね。

ケイト スーパーシャープライナーEX


ケイトのアイライナーは描きやすくてにじみにくいので愛用しています。

九角形カッティングフォルムで指にフィットしもちやすく、極細筆で細かく描くことができます。フィルムタイプなのでお湯で簡単に落とせ肌に負担が少なく、クレンジングが簡単にできるタイプです。

ブラックとブラウンの2色で、ナチュラルにみせてくれるブラウンがおすすめです。

フローフシ モテマスカラ ナチュラル1

美容液が配合されたロングタイプのマスカラです。セパレートに塗布ができるので、地まつ毛のような仕上がりとなります。

ダマになりにくい処方で、クレンジングによるまつ毛の負担がかかりにくいお湯で簡単に落とせるタイプです。

まつ毛エクステやつけまつげとも相性が良いところも良いですね。

チーク

シャネル ジュコントゥラスト


ナチュラルな仕上がりでありながら、健康的なツヤを出し立体感のある肌に仕上げます。

キメの細かい粉が肌にふんわりとなじみ、気品あふれる発色をもたらします。

シャネルで有名なチークカラーですよね。メークアップアーティストにも愛用されているらしいです。

リップ

マキアージュ ドラマティックルージュ


プルプルのきれいな口元に仕上げるルージュです。

配合されている美容オイルが、唇にツヤや保湿を与え、塗布したときから6時間もそのままの状態をキープすることができます。

私も使用しています。発色もいいですし、乾燥しがちな口元でもうるおい感を演出してくれます。

30代メイクはベースが大切

30代に合ったコスメをいきなりすべて変えるのは大変だと思います。

私も、時間を含めそんな余裕ないです…。

そこでベースメイクから取り入れてみてはいかがでしょうか?こちらは私の主観でおすすめさせていただきます。

もちろん一番大切なことはしっかりとスキンケアで保湿や悩みを改善し、ファンデーションがいらないほどきれいな肌にすることが理想的です。

でも、肌トラブルが増え、子育てやキャリアアップで時間のない30代…。

そこでファンデーションをしっかりと見直すことで、きれいな肌に仕上げることができます。きれいな肌だとポイントメークが映えますからね。

そして、20代まではファンデーションを使用すれば隠れた悩みも、30代になるとシミなど隠しきれない悩みが増えます。

下地やコンシーラーでカバーをすることで一段ときれいな肌にすることができるのです。

まずはコンシーラーを使おう、下地だけ変えようなどでも肌の仕上がりが変ってくるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

  1. 30代の肌はたるみや毛穴、シミ、シワの悩みが増える
  2. 理想のコスメをみつけるポイントは保湿、悩みに対したものを選ぶ、続けやすいアイテムを選ぶ
  3. おすすめスキンケアを参考にする。おすすめはアスタリフトホワイト
  4. 30代のメイクはナチュラルメイクで大人の女性を目指す
  5. おすすめメイクアップコスメを参考にする
  6. 今のメイクから30代メイクにするためにはベースメイクから変えていく

 

私は理想のコスメと出会えたことで、悩みだった肌のかさつき(粉が吹くほど…)、くすみから肌触りの良いなめらか肌になり、透明感が出てきました。

流行に惑わされない自分に合ったメイクを発見することができたのです。

自分に合うコスメに出会い結果を出せ、大人の女性らしいメイクができたので嬉しくて仕方がないです。

30代はどれだけ肌を大切にしたかで、今後の肌に影響が出てしまいます。

素敵なコスメと出会い、悩みを解決する手伝いをしてもらいましょう。

投稿者プロフィール

hikari
hikari
長女、長男の子育て中、30代の母です。 出産まで美容部員として培ったスキルや、出産後でも育児の傍ら勉強しコスメニストの資格を得るくらい美容が好きです。さらに私はアレルギー肌なので、敏感肌の方にも安心して使えるものを紹介していきたいと思っています。 主婦としても一人暮らしの経験を活かしつつ毎日奮闘中。 家事が苦手な方でも実践できる方法をお伝えできるように努めてまいります。
ブログランキング参加中!!クリックで応援頂ければ幸いです!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です