肌のターンオーバーとは?元美容部員が分かりやすく解説いたします




この記事の所要時間: 620

肌悩みについて雑誌やSNS、ネットなどで調べるときに、必ずと言っていいほど見かけるターンオーバー。

どのようなものか分からないままにしていませんか?

私は美容の専門学校に通っていたので、肌のことなど何もわからない状態で習いました。

その時はただ単にそういうものがあるのかと知識として頭に入れていた記憶があります。

しかしある時、このターンオーバーはとても大切な役割があることを知ることになったのです。

ちょうど社会人になって美容部員として働くときの研修で気づきました。

ターンオーバーについて詳しく知ることで、肌とはすばらしい組織であると思い知らされたのです。

それからは接客時などにとても役に立ち、自身の肌悩みに対しても考えることができたので嬉しいかぎりです。

これから、私が伝授しますターンオーバーついて詳しく紹介させていただきます。

肌の構造

まず、ターンオーバーを知るためには肌はどのような構造で、どのような役割をしているかを知っておくと良いでしょう。

肌は異物の混入を防いだり、水分保持、体温調節、熱いや痛いなどを感じ取ることで身体を守るはたらきがあります。

肌は身体にとって大切な役割をしていることが分かりますね。

次に肌内部を見てみましょう。肌は表皮、真皮、皮下組織と3つに分かれています。

一番外側にある表皮は約0.2mmととても薄く、外からの刺激から肌を守る役割があります。

唇の皮がむけたときの皮が表皮です。真皮は表皮の次にある所で1.8mmあり、肌の弾力を保つ役割があります。

真皮内にある良く知られたな成分だと、コラーゲンやヒアルロン酸ですね。

弾力を保つ成分があるだけではなく、汗を掻くときに必要な汗腺などもあり肌の中でも特に重要な場所となっています。

一番下にある皮下組織は、肌と筋肉、骨の間にあり、クッションのような役割があります。血液はこの部分にあります。

と、肌はとても薄いながらもさまざまな活動をしているのです。

驚きですよね。

これは美容について勉強するときに一番最初に習うことなので、まだ知識が全くなかったころの私はもっと肌を大切にしようと決めたきっかけになりました。

肌の構造が分かりましたので本題のターンオーバーについてお伝えします。

ターンオーバーとは

ターンオーバーは表皮内で行われる肌の生まれ変わりのことです。

真皮や皮下組織はターンオーバーは行われません。

新しい細胞が生まれて剥がれ落ちるまでのことを指し、28日間で生まれ変わります。

では、0.2mmと薄いなかで1つの細胞がどのようにして生まれて剥がれ落ちていくのでしょうか。

表皮にも何段階か分かれていて、それぞれ役割があります。そこで、表皮について詳しくのぞいてみましょう。

表皮には外側から順に角層、顆粒層、有棘層、基底層があります。

基底層

表皮の一番下にある層ですぐ下にある真皮内の毛細血管から栄養を受け取り、表皮の元となる角化細胞を生成しています。

縦長上の細胞が列として並んでおり、シミの原因などでよく聞かれるメラニンを作り出すメラノサイトがこちらの層にあります。

外的刺激の侵入を防ぐ役割もあります。

ここで角化細胞が生まれるのですね。

それではこの細胞が次にどのようなところへ行くのでしょうか。

有棘層(ゆうきょくそう)

有棘層は表皮の中で1番厚い層で、角化細胞が有棘層に到達すると有棘細胞となります。

こちらでは真皮内にあるリンパ管や、血管からの栄養や酸素を受け取り老廃物や二酸化酸素を排出する役割と、有棘層よりも外側にある顆粒層と角層を作り上げるタンパク質を生成する役割があります。

有棘層には有棘細胞の他にランゲルハンス細胞といった、異物が混入したときにアレルギー反応を起こし異物を排出させる細胞や、冷たい、痛い、熱いなどの知覚作用もこちらの層に存在しています。

一番厚い層といっても目では見えないとても薄い層の中に、これだけの役割を担っているのはただただ驚きです。

肌のメカニズムはすごいなと実感しています。

顆粒層(かりゅうそう)

次に到達するところは顆粒層です。

有棘細胞が上に押しあがり顆粒細胞となります。

こちらは2~3層出できているひらぺったい層で、肌の水分保持をするNMF(天然保湿因子)や肌の水分蒸発を防ぐのに欠かせない細胞間脂質の元となる物質を作り出しています。

顆粒層では、外からの刺激から肌を守るバリア機能をする役割もあります。

角層

一番外側の層です。顆粒層が角層に到達すると、角層細胞となります。

こちらの細胞は核を持たない死んでしまった細胞で10~20層重なっていて最後には垢となって剥がれ落ちます。

0.02mmしかない角層の中には、NMFや細胞間脂質があり肌の水分保持や、顆粒層同様バリア機能をするはたらきがあります。

角層の一番上には汗や皮脂などが混ざってできた皮脂膜があり、外的刺激から肌を守る役割があります。

こちらも肌にとって重要な役割を担っていることが分かりますね。

このようにターンオーバーは、ただ生まれて剥がれ落ちるだけではなく、様々な大切な役割をしてから剥がれ落ちます。

初めて知ったときは驚きとともに感心してしまいました。肌ってすごいですよね。

ターンオーバーの役割

ターンオーバーは肌の生まれ変わりと同時に肌にとって嬉しいことがあります。

ターンオーバーにはシミの原因となるメラニンを排出する働きがあるので、紫外線を浴びて黒くなってしまっても元の肌に戻すことができます。

水分も十分にあるので乾燥から肌を守りうるおいのある肌に仕上げたり、乾燥によるシワを作り出しにくくすることができるのです。

角質を剥がれ落とすことができるので、角質が厚くなり毛穴に詰まってしまうニキビを抑える働きがあります。

このようにターンオーバーは肌悩みを改善することができるのです。

美肌を目指すにはとても大切な役割ということです。

シミが気になる、大人ニキビが気になると悩んでいるだけではなく、こちらにも普段から気にかけていたいですよね。

まとめ

  1. 肌は異物の混入を防いだり、水分保持、体温調節、熱いや痛いなどを感じ取ることで身体を守るはたらきがあり、表皮、真皮、皮下組織からできている
  2. ターンオーバーとは表皮にある肌の生まれ変わりのこと。表皮にある基底層で細胞ができ有棘層、顆粒層へ細胞が移動し、最後に角層に到達し垢となって剥がれ落ちることをいう
  3. ターンオーバーにはメラニン排出、保湿、角質の正常化をする役割があり、美肌にとって欠かせないもの

 

ターンオーバーは、肌にとって欠かせない役割であることが分かりましたね。

肌のメカニズムも知ることで、さらに肌のことを知ることができ少し肌に対する見方が変わってくれたら嬉しいです。

肌の基礎となる部分を知り、様々な場面で役立ててみませんか?

 

【関連記事】

元美容部員が教える美白になるためのポイント。おすすめコスメBest3!

投稿者プロフィール

hikari
hikari

長女、長男の子育て中、30代の母です。 出産まで美容部員として培ったスキルや、出産後でも育児の傍ら勉強しコスメニストの資格を得るくらい美容が好きです。さらに私はアレルギー肌なので、敏感肌の方にも安心して使えるものを紹介していきたいと思っています。 主婦としても一人暮らしの経験を活かしつつ毎日奮闘中。 家事が苦手な方でも実践できる方法をお伝えできるように努めてまいります。


ブログランキング参加中!!クリックで応援頂ければ幸いです!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です