不要な子供服の“もったいない”を解消!気持ちよく処分する3つの方法




この記事の所要時間: 62

ついつい増えてしまう子供服。

量を減らしてすっきりしたクローゼットにしたいなーって思うけど捨てるのはもったいない!って思ったことありませんか?

我が家は男の子2人で、同性だからお下がりとして着れるし、そこまで洋服は増えないと思っていたんです。

ですが、お店でかわいい洋服を見付けたり、セールで安くなっているのを見付けたりで、ついつい買ってしまいます。

そして初孫ということもあり、ありがたいことにおばあちゃんが子供服を買うのが嬉しいらしく買ってくれることも結構多いです。

かわいい子供に新しい洋服を着せれるのは嬉しいし、見てるだけでもかわいい子供服だからついつい買ってしまうけど、気付いたらクローゼットに入りきれないほどの子供服が!

押し込まないと入らないようになり、ついには入りきれなくなった洋服が衣装ケースの外に置いてある状態になってしまいました。

なにを持っているのか、どこになにがあるのか分からないので、結局着るのは衣装ケースの外にある洋服をローテーションするという風になってしまいます。

何度も整理しようと断捨離にトライしてみるのですが“もったいない”という感情が先に出てどれもこれも捨てれず中々量を減らせないのが悩みでした。

「下の子が着るかもしれない」

「頂き物だから捨てにくいな」

「せっかく買ったのに捨てるのはもったいない」

と思うと断捨離しよう!と決めて整理を始めたはずなのに処分を決めれたのはたった数枚…量が全く減らずクローゼットは溢れたままで、やる気がなくなるのがいつものパターンでした。

そんな時、もったいなくて処分できないなら、もったいなくない処分の方法を探せばいいんだ!という考えにたどり着きました。

私が考えたもったいなくない処分方法をご紹介したいと思います。

①フリマアプリを活用する

いま流行りのフリマアプリ。

最近CMでもよく見かけるようになりましたね。

携帯ひとつで簡単に出品できるのでとてもお手軽です。

私が使っているアプリはメルカリというアプリです。

CMでもよく見ますし、ご存知の方も多いと思いのではないでしょうか?

あとはフリルというアプリも有名ですね。

正直、始めるまではアナログ人間の自分に出来るのか、自分のページを作って出品してなんて面倒くさい!と思って中々手を付けられずにいたんです。

リサイクルショップに持って行ったりもしましたが、買い取り額の低さに愕然…ゴミ袋代が浮いたくらいで捨てるのとほぼ変わらないと思い、重い腰をあげてフリマアプリを始めてみました。

実際にやってみると、自分のページは一度作るだけだし、何回か出品するだけでアナログ人間の私でもすぐに慣れました。

そして、本当に売れるのかが一番心配だったのですが、意外と売れるものなんです。

リサイクルショップより断然高値で売れるので、なんでもっと早く始めなかったんだろうと後悔しました。

不要な子供服がお金になってそのお金で新しい洋服が買えるので、もったいないという感情より得をした気分になりました。

ユーザーが実践している売れるコツをご紹介します。

 

  • 洋服が綺麗に見える写真を使う

写真が目に止まらなければ、詳細まで進んでもらえません。

写真の背景、明るさなどによって見え方はかなり変わります。

また、床にただ平置きにするよりハンガーにかかっているほうが、物によってはわかりやすくて綺麗に見えたりしますよね。

その洋服が綺麗に見える一番の写真を用意しましょう。

 

  • 自己紹介、洋服の紹介文は丁寧に書く

ネット上のやり取りで顔も見れない人との売買なので、自己紹介や紹介文は丁寧に書くことはとても大事です。

写真だけでは分からないサイズやお手入れ方法など細かく記入しておくと買う方も安心できます。

活用シーンをイメージできる一言を添えるのもポイントです。

私はネットでお買い物するとき、同じような洋服を見付けた時は、紹介文が丁寧な方が売り手もちゃんとしていると思えるので購入の決め手になります。

  • 適正価格をつける

売り手としては、なるべく高値で売れると嬉しいですよね。

でも、私はネット通販でましてや新品でもないものに何千円も払う気にはなれません。

なので、洋服の状態と相場をしっかりリサーチして適正価格を設定しましょう。

②寄付をする

使わない子供服をもっている事自体が、まずもったいないですよね。

世界や被災した地域では、洋服を必要としている人は沢山います。

ネットで調べれば、寄付できるところが沢山でてきます。フリマアプリを活用するのもおすすめですが、それでも売れなかったものや、フリマアプリをするのが面倒な人は、ただ捨てるのではなく寄付してみませんか?

だた捨てるとゴミにしかなりませんが、寄付すると本当に必要な人が使ってくれます。

そう思うともったいないって気持ちにはならず、すっきりした気持ちで処分できますよね。

 

検索で出てきた寄付サイトの一部を下に載せておきますので、ご興味あれば確認してみてくださいね!

フクサポ

https://fukusapo.com/

Good Neighbors

http://www.gnjp.org/contents/cp/recyfuku

日本救援衣料センター

http://www.jrcc.or.jp/

親戚・友人などに譲る

 

兄弟や親戚、友人などに譲るのも捨てるよりもったいなくないですよね。

ですが、私はこだわりや好き嫌いが強くあまり譲ってもらうのは好きではありません。(汗)

それでも「あげるよ!」と言われると「いらない」と言えず、もらったものだから捨てれずで結構困ってしまいます。

なので、私は自分が思ったことを踏まえたうえで譲ります。

「これいる?」って聞くときに断りやすい雰囲気作りや言葉をかけるのは徹底します。

受っとってくれる場合も「もともと捨てる予定だったからいらなかったら捨てていいからね」と伝えると相手は気軽に受け取れると思います。

まとめ

  1. フリマアプリを活用してお小遣いGET
  2. 寄付して、必要な人につかってもらう
  3. 相手に気遣うのを忘れずに譲る

 

あっという間に増えるのに、もったいなくてなかなか処分できない子供服ですが、お小遣いになったり、必要な人が使ってくれると思うともったいないと思わずに処分できますよね。

私は主にフリマアプリを活用して定期的に整理しますが、クローゼットがすっきりするだけじゃなく、売れたお金で新しい服を買えるので、整理するのが楽しみになりました。

ただ捨てるのではなく、もう一度、不要な子供服が活用できる場所を探してあげてくださいね。

投稿者プロフィール

mi_25
mi_25
はじめまして。 2人の男の子を育てるママをしています。 主婦歴は5年と短いのですが、日々家事や育児などを必死に頑張っています。主婦歴が短く何に置いても初心者だったので、行き詰まる事がとても多いのですが、その度に自分なりに思考錯誤しながら解決してきました。調べたり感じたことをそのまま、極力分かりやすいようにと思いながら記事を作成をしています。主婦歴が短い・初心者ならではの気持ちも詰め込んで、同じ悩みを持つ人に少しでも馴染みやすく解決できる記事を作っていけたらと思っています。
ブログランキング参加中!!クリックで応援頂ければ幸いです!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です