主婦の賢い節約方法!今日からできる節約術5選



この記事の所要時間: 956

主婦のみなさん、節約をするって難しいですよね。無駄遣いしているつもりはないのに月末にお金が残っていない…そんな主婦の皆さんの気持ち、私は痛いほどよくわかります。

私は今では立派なドケチ主婦ですが、以前は節約の重要さがわかっておらず、貯金もできないズボラ主婦でした。家計の管理も夫に丸投げだったんです。

しかし、夫の「今月も貯金を崩しちゃったよ」という一言で雷に打たれたような衝撃が走りました!

「今月も、ということは毎月赤字のまま毎月なんとなく生活していたってこと?」

「うちに貯蓄はないの?」

「二人で働いてるのに、何にそんなにお金を使ってるの?」

と、突然いろいろな疑問がわき上がってきました。

 

昔の私は節約という概念がなく、楽しく暮らすためだけに、あればあるだけお金を使っていたんです。その結果、毎月赤字になって貯金を切り崩していました。

これではダメだ!と一念発起し、家計を見直し様々な節約術を実行してみました。

なにしろ元がズボラ主婦で、節約の大切さをわかっていなかったのでそれはそれは大変でした。

 

そしていろいろな失敗を重ねて、今は友達からも「よくその電気代で普通に生活できるね!」と感心されるような、倹約家になれたのです!

節約をすると、貯蓄に回す余裕も出てきます。

生きて行くのにお金は絶対に必要です。私も無理のない節約をして、ちょっとずつ貯蓄ができるようになり、将来への不安が軽減しました。

 

今回は、そんなズボラ主婦だった私が試してみて効果があり、さらにお手軽にチャレンジできる節約術5選を伝授したいと思います。

これから節約したいなと漠然と思っている方も、節約したいけどやり方がわからないという方も、ぜひ参考にしてくださいね。

今までの生活を見直してみる

お手軽な節約術を試す前に、一回今までの生活を見直してみてください。

【食費に無駄がないか?】

冷蔵庫や食料庫を改めて見てみてください。買ったものの、使いきれないまま賞味期限を迎えているものはありませんか?

その食材は、本当に使う予定がありますか?

使い切れる量を、食べきれる分だけ買うことを意識しないと食費はどんどん上がっていきます。計画的に食材を買う癖をつけましょう。

【光熱費、保険代、携帯代のプランは適正か?】

これらもかなり家計を圧迫する必要経費です。今は電力会社も自分で選べるので、一番安いところを調べて変更することも可能です。

保険代、携帯代も定期的にショップや担当の方にプランの見直しをお願いすると、思いがけず月々の支払いが安くなるかもしれませんよ。

【食材、日用品の底値を知っているか?】

ここのスーパーは野菜が、あっちは魚が安いというように、自分の生活圏内での生活必需品の底値を知っておくことも節約への一歩です。

けれど、10円安いトイレットペーパーを買いに、遠いお店まで交通費をかけて出向いてはかえって出費が多くなってしまいます。

生活圏内の動線をうまく考え、時には送料無料のネット通販を利用してみるなどの工夫をすると、お得な買い物ができますよ。

【外食の頻度は?】

家族で週末楽しく外食する時間は、もちろん必要だと思いますが、あまり頻度が高いとやはり家計にひびいてきます。

でもいきなり、外食は禁止!と極端に変更するとストレスもたまってきます。

毎週末外食していたとしたら、そのうち一回をちょっとお茶だけのプランにする。そんな風にストレスをためないよう、コストを下げてみるところから挑戦してみてください。

こうやって改めて見直してみると、いくつか自分の生活に無駄が発見できたと思います。

それでは、生活を見直した上で実際に行動してみましょう。

用途別に現金を小分けする

「家計簿をつけなさい!」「家中のコンセントを抜きなさい!」と初めから厳しく言われては、せっかくやる気になった心が折れてしまいますよね。

私がそのタイプのズボラ主婦だったので、いきなり家計簿をつけることができませんでした。

なぜならノートや家計簿ソフトでは、現金の動きがうまく把握できずなんとなくぼんやり数字をながめるだけになってしまったからです。

とりあえず記入はしてみるものの、何ヶ月たってもあまり家計に変化がありませんでした。

そこで、試してみたのが毎週の生活費を細かく封筒に分けることです。

百均などで大量に売っている封筒を買ってきて、「一週目 食費」「一週目 日用品」と、用途がわかるようにマジックで大きく記入して、現金を入れました。

すると現金の動きが目に見えてわかるので「これ以上は使えない」と、目視することで節約への意識が高まったのです。

買い物に行っても、この現金の範囲内でと思うと気が引き締まります。

封筒に小分けもうまく管理できなさそう、という人はぜひこの動画を見てください!

ファイルで一気に管理できるので、節約のはじめの一歩にオススメです。

光熱費をコストダウンして達成感を得る

月々の光熱費がだんだんと減っていくのは、ものすごく達成感があります(笑)

私が継続してやっている、光熱費をコストダウンさせる方法は…

 

  • とにかく居ない部屋、使ってない廊下の電気を消して回る。
  • 手洗いうがいの時に、水量を最大から中くらいにする。
  • 寒い時期の煮込み料理は、灯油ストーブの上に鍋を置いてガス代を減らす。
  • 夏場はエアコンの設定温度を一度上げる。(サーキュレーターや扇風機を併用する)
  • 夜更かしをしない。早寝することで電気を使わない。

 

このくらいです。この程度でも、毎月の光熱費が確実に減ります!

設定温度を上げて体調が悪くなっては元も子もないのですが、サーキュレーターなど空気をかくはんするとエアコンの効きがぐっと変わります。夏も冬も、エアコンを使う時期にはサーキュレーターを併用してみてください。

しかし、光熱費のコストダウンに一番効果があるのは、夜更かしをしないことです!

早寝早起きは健康の秘訣。さらに節約もできるのでおためしあれ!

買い物の仕方を変える

スーパーに目的を持たずふらっと行くと、目に付いたものをなんとなく買ってしまいます。美味しそうなものだらけで、テンションが上がってしまいますよね。

でも、そんな生活を続けていてはいつまでも節約ができません。

毎回の買い物にメモを用意しましょう。携帯のメモ機能でも、紙に書いたメモでもかまいません。最低限買わなくてはいけないものを、買い物前にしっかり把握して購入する。

小分けした現金に余裕があれば「今日のご褒美」でお菓子を一つ買ったりする。そうすれば、 お菓子の楽しさも倍増します。

さらに私は、小分けした食費とは別の「買いだめ」という封筒も月初に作ります。

調味料や乾麺、冷凍食品などを月初にまとめ買いして買いだめしておきます。そのときには業務用のスーパーへ出向くことが多いです。

業務用というだけあって、パッケージに華やかさはありませんが、格安で大量!

パスタ、海苔、冷凍うどん、料理酒、みりん、かつお節…などなど。

大量に買ってもすぐに賞味期限がこないものを中心にストックしておくと、普段からスーパーに行く回数も減るので節約につながりますね。

よく行くお店の公式サイトを調べてみるのも効果がありますよ!

毎日アプリでゲームをして、クーポンをもらえるドラッグストアでは、もう定価で買うのがバカらしくなってしまいました(笑)

クーポンが当たった時だけしか行かなくなったので、その分無駄なものを買う機会が減りました。

そういった、クーポンを掲載したアプリを配信しているお店もあるので、このチャンスに一回最寄りのスーパーやドラッグストアのサイトをチェックしてみてください。お得な情報がゲットできるかもしれません。

応用のテクニックにもチャレンジ

日々の生活費のコストダウンやちょっとした貯蓄につながる、主婦の豆知識を身につけることも節約への道が開けますよ。

【エアコンの使い方に注意】

例えば、エアコンは立ち上がりの時に一番電気を消費します。

午後まで暑さに耐えて、熱くなりきった部屋を設定温度を下げて一気に冷やすのも、電気代が跳ね上がります。

ですので、暑くなりそうな日は天気予報で予想気温を確認しましょう。暑くなりそうな日には、設定温度が28度でも無理なく過ごせそうな時間にエアコンを入れておきます。そうすれば、エアコンの頑張りすぎを防げます。

そしてつけたり消したりせず、その部屋を使わなくなるまでつけっぱなしのほうが、格段に電気代が安くなります。

私は近所へのちょっとしたお出かけの時にはエアコンは消しません。

エアコンの立ち上がりの回数を減らしたほうが、節約になるからです。

エアコンをつけっぱなしで外出するのは、最初は抵抗があるかもしれませんが、ぜひ実践して効果を確認してみてください。

【光熱費でカードのポイントを貯める】

これは節約というより、プラスアルファのお得情報ですが、光熱費の引き落としをポイントの率がいいクレジットカードにしてみましょう。

生活に必須なもので、ポイントを稼げるなら使わない手はありません!

節約をして、光熱費をコストダウンさせながら達成感を得て…さらにポイントももらえちゃう。主婦なら誰しもニヤニヤしてしまいそうです(笑)

こういったちょっとしたテクニックで、節約もさらにやりがいが出てきますね。

まとめ

  1. 今までの生活を見直してみる
  2. 用途別に現金を小分けする
  3. 光熱費をコストダウンして達成感を得る
  4. 買い物の仕方を変える
  5. 応用のテクニックにもチャレンジ

 

以上が私が実践して、成功した節約術です!

 

私は節約をするようになり、貯蓄にも少し余裕が出てきました。すると、浪費するだけだった頃よりも質のいい生活ができるようになったんです。

例えば服を一枚買うのにも、以前は何も考えず手持ちのお金で安い服を何枚も買っていました。適当に買った安い服はあまり大事にしないので、結局着ないなど無駄が多かったと思います。

でも、節約術を実践し始めたら「この服は本当に必要か?」と、一回自分に問いかけられるようになり、自制できるようになったのです。

そうすると、いざ服を買う時に前よりもお金に余裕を持てます。以前よりいい服を、時期によって少量揃えるという、質のいい生活へと変わっていきました。

 

家族の服や、生活必需品も同じく、以前よりいい品を管理できるぶんだけ少量揃える。今ではそんな、無駄のないすっきりした生活です。

さらに、節約によって貯蓄も増える。ズボラ主婦だった頃より心にも生活にも、余裕が出てきました。

 

ただし、注意しなければいけないのは、節約することばかりが目的になってしまい家族に負担をかけてしまうことです。

「節約をして金銭的な不安をなくし、幸せな家庭を築く」という基本を忘れないでください。大事な家族のために、と始めた節約で家族が不仲になってしまっては意味がありませんよね。

 

節約には「絶対にこうしなければならない!」という決まりはありません。

上記の節約術を参考にしつつ、みなさんそれぞれ気楽にトライできることから始めてみましょう!

投稿者プロフィール

ふじもとつるり
ふじもとつるり
服飾科で裁縫の基本とデザインについて学び、卒業後は創作小物の製作・販売を経て一児の母になりました。今はライターとして、仕事と子育ての両立に日々奮闘しています! 趣味は手芸と製菓。それらの経験をいかした、子育て中ならではの目線の記事をみなさんにお届けできるように頑張りたいと思います。
ブログランキング参加中!!クリックで応援頂ければ幸いです!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です