小学校の入学祝いの時期は?タイミングが合わない時は?現金書留でもOK?




この記事の所要時間: 531

小学校への入学は新しい出発です。

これまでの園生活とは違い、多くの人にふれあい、たくさんの人とともに学びます。

さて、入学を控えた子供たちはどんな気持ちでいるのでしょうか?

希望と期待と、やっぱりちょっぴり不安もあるかもしれませんね。

そんな彼らのドキドキワクワクの新生活を応援するために、私たちは入学祝いを贈ります。

しかし、この小学校の入学祝いの渡すべき時期を皆さんご存知ですか?

やっぱり卒園の後がいいのかな?

いやいや、やっぱり入学した後じゃない?

さて、どれが正解でしょうか?

そこで今回は「小学校の入学祝いを渡す時期」についてと、「小学校の入学祝いを渡すタイミングが合わない時」の対処法。そして「小学校の入学祝いを贈るタイミングがなかったら、時現金書留や郵送で送ってもいいのか?」を、順を追って紹介していきます。

ぜひ参考にしてくださいね!

小学校の入学祝いの時期は?いつ渡す?

 

 

小学校の入学祝いを渡すのは「3月の始めから中ごろあたり」がベストタイミングです!

入学祝いは基本的には、入学前に渡すのがマナーですよ。

遅くなっても卒業式の1週間前までには入学祝いを渡してあげましょう。

もらう側も、入学準備に向けて色々と入用ですのでこのタイミングで入学祝いをもらう方が、ありがたいんですよね。

こういった相手方の事情を重んじると、やっぱり入学準備に取り掛かる「3月初旬から中ごろ」がベストということになるんですね。

入学祝いに学業に必要な物を贈ろう思っている方は、渡す時期より早めに親御さんにその旨を伝えておきましょう。

こうすることで、親御さんも無駄な二重買いをすることがないので助かりますよ。

【小学校受験をする子供には?】

小学校は、受験に落ちても義務教育ですので必ずどこかの小学校に入学します。

なので、公立の小学校に入学する子たちと同じ時期でもいい気がします。

ですが、相手の心情を考えると格発表後に贈るのがベストでしょう。

たとえ、受験に失敗して希望しない小学校に入学することになっても、新たな門出はおめでたいことです。

励ます意味を込めて、改めてしっかりお祝いしてあげてください。

 

 

小学校の入学祝いタイミングが合わない時は?

 

 

「入学祝いは3月ごろがベスト」とはいっても、どうしてもその時期に出会うことはなさそうです。

あなたは、こんな時どうしますか?

遠方に住んでいる相手に、わざわざ他に用事もないのに渡しに行かなければならないのでしょうか?

答えは、NOです!

どうしても都合がつかない場合は、年末や年始に顔を合わせるタイミングで「早めに入学祝い」をしても問題はありません。

この場合「渡すタイミングがないので、早いけど入学のお祝いをさせてね」などと断りを入れ渡しましょう。

先方も「まだ、タイミングは早いけど、これからの入学のことを思っていてくれたんだ」と喜んでくださりますよ!

【入学祝いを渡すタイミングが遅れた場合】

うっかり渡しそびれた。

忘れていた。

などの理由で入学後に入学祝いのことを思い出しました。

こんな時は、気づいた段階で速やかにお祝いを贈りましょう。

おそらく、この段階では小学校で使うものはすべてそろっているので、それ以外の物を贈りましょう。

入学祝いは、基本的には多少前後しても失礼ではないとされていますが、遅れた場合は必ずお詫びの一文を添えるようにしましょう。

気づいた時期が、入学から半年や1年近く経過していても、やらないよりは、やる方が相手方も喜ばれるでしょう。

この場合は、別のお祝いのタイミングや出会ったタイミングでお祝いしてあげましょう。

この時も、必ずお詫びを一言添えてましょう。

 

 

小学校の入学祝い現金書留や郵送でもOK?

 

 

入学祝いを、どうしても直接会って渡せないことが分かっている時。入学祝いを現金書留や郵送で送っても失礼には当たらないのしょうか?

答えは「失礼には当たらない」です。

直接渡せないことを、気に病む必要はありませんよ。

ただし、現金は法律により普通郵便やメール便などでは送れません。

ですので現金は現金書留で送り、お祝いの品は郵送などで別々に送りましょう。

郵便法第19条に「現金または、郵便約款の定める貴金属・宝石その他の貴重品を郵便物として差し出す際は書留の郵便物と、しなければならない」とあります。

ご注意ください。

ちなみに現金書留は郵便局でしか取り扱っていません。

【宛名は誰にするか?】

郵送する入学祝いや現金書留の「宛名」は、本人にするべきか、親御さんにするべきか?

悩みますよね?

まだ、幼い彼らに贈る場合はやはり、貴重品が入っていることから親御さん宛てにした方がいいでしょう。

別便で、本人宛に手紙を送ってあげてもいいかもしれませんね。

入学祝いも相手が中学生以上になれば、本人宛にしても大丈夫でしょう。

普段使いなれない現金書留の使い方、送り方について下のサイトに詳しい説明があります。

現金書留の送り方。入学祝いやお年玉用の現金はどうやって送る?

贈る前に一度確認しておくと安心です。

まとめ

 

  • 入学祝いは3月初旬から中ごろがベストタイミング
  • タイミングが合わせられないなら早めに渡しても失礼には当たりません
  • 直接会って渡せない場合は現金書留や郵送でもOK!

 

以上が、入学祝いの時期についてでした。

小学校への入学は一生に一度きり。

子供たちは未知なる世界に飛び込むことへの不安も大きく、とても不安定な時期です。

でも新しい物をそろえていくたびに、きっと喜びに変わっていきます。

入学祝いという形で、彼らを陰ながら応援できると素敵ですね!

The following two tabs change content below.
東風花
お絵描きと創作が好きな、三兄弟の母です。 子供たちに鍛えられ、か弱い乙女も、いつしか立派な母ちゃんになっておりました。 子育てや日々の出来事をつづったイラストブログ「猫田さんちへようこそ」も書いておりますので、興味のある方もない方も、一度覗いてみてください。 当サイトでは、文章を書くお仕事に携われた事に喜びを感じながら、記事を書かせてもらっております。 読者の方の視線に立った記事が書けるよう、日々精進していきたいと思います。 ※イラストブログ【猫田さんちへようこそ】を運営。リンクは名前から✅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です